釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

春の隅田川シーバスを攻略する

バチ抜けシーバス

ここでの春は3月~6月。
隅田川ではこの時期バチ抜けが最盛期を迎えます。

↑この写真は3月の雨上がりのとある日です。。
ここでは3月~6月にかけての隅田川シーバスのメインベイトについて書いてみました。

隅田川の3月~4月はバチがメインベイト

3月、4月のベイトはバチがメイン。
4月になるとハクが混ざりだすけど、
それでも大潮になるとまだまだ大量にバチが抜けるわけで、
主役はまだバチ。
隅田川で最もシーバスが釣りやすいタイミングです。
その日のルアーのチョイスがはまるとこうなります→60cm前後のシーバスが爆釣した日

ただし、人もやっぱり多くなるし、
日によってパターンが大きく変わる。
ポイント選択を誤るとまったく釣れなかったりするので、1箇所にこだわらず早く見切りをつけるのが大切です。

大潮まわりが確かにバチ抜けの量は一番多いのだけど、
小潮でもバチは抜けます。
バチは減るけど、釣り人も減るので
これはこれで釣りやすい(笑)


「バチ」という生き物

バチって結構泳げるキャラクターなんです。
大量にバチが湧いてるポイントを見つけても、バチが湧いて溜まってるだけの場所ではあんまり釣れません。
というかバチがたまっているだけの場所だとシーバスがいない気がします。
潮が下げはじめてしばらくは、バチは橋脚のヨレとかで、潮の流れに逆らって泳ぎつつ、その場にステイしようとします。
(というか、仲間を待っているのかな。)
そして徐々に大量に集まり始め、
タイミングを見計らって下流に一気に流れていきます。

で、このバチが流されだしてからが時合いです。
流れていく先でライズが起きるので、
バチがたまるポイントを見つけたら、それがどこに流されていくかを考えることが大事です。
その先にシーバスたちが待ち構えてくれていますし、その日のあたりポイントを見つけやすくなります。
あと、以下も知っておくとよいです。

  • バチが一番抜けるのは、日が暮れるタイミングと、満潮からの下げ潮のタイミングが重なるとき
  • とはいえ上げ潮のタイミングでもバチは抜ける
  • 早朝の下げ潮でもバチは抜けてる
  • 水面が波立ってると撥は浮いてきにくいけど、じつは水中にはしっかりいたりする
  • 水面のバチは風に流されて風下側によりやすい

4月も暖かい日が続くようになる時期から日々ベイトがかわっていくので、
毎日水面を観察して、ベイトがどうなってるかとか
情報収集を続けることが重要になってきます。
(あ、いつでもそれは変わんないか・・・)

5月になるとくるくるバチが出現

5月も下旬になると、バチの種類が変わってくる。
いわゆるくるくるバチってやつが出現しはじめます。
4月までの10cmくらいの大きさのバチはあまりみかけなくなり、
代わりに2~3cmのくるくる高速に動き回るバチが出現して、
こいつの動きがチョーはやい。
このクルクルバチパターンは攻略が至難の業です。
上下左右に蛇行しながら流れていくこのバチを
なんとかルアーで真似れないかいろいろ試した結果、大事なのはこれ
ルアーのサイズ
ルアーの通し方
この2つのうち、片方があっていればいい場合もあれば、両方必要な場合もあります。
特にやっかいなのはサイズでくるくるバチに合わせて小さくするより、逆に10cmくらいのルアーを使った方がよいもありました。


バチ抜けシーズンの隅田川釣法についてはこちらにまとめみました。
隅田川のバチ抜けシーバスを釣る方法
東京湾奥のバチ抜け時期やバチの種類などのメモ

6月になると隅田川のベイトはバチからハクやアミに

6月になるとバチはだいぶ見られなくなる。
変わりにハクやアミがわいたりして、それが主なベイトになるおかげで、
結構釣れにくい。

でも水が結構濁り始めることもあり、
デイゲームも楽しくなる時期。
それでも夜はやっぱり水面系。ライズも結構でるので楽しい。 そして、実は6月でも隅田川はバチ抜けしてます。

↑6月10日のできごと。
そして驚くのは、この写真のバチは上げ潮の時に流れてきたやつということ。 上げ潮でもバチはいるんですね~。 ただ、バチ抜けも6月になると、こういう10cmくらいのデカイバチか、2cmくらいのクルクルバチ(トリッキーバチとも言うらしい)になってくるのと、ハクやアミなどベイトの種類も増えるので結構釣りにくい・・・。

春に実績のあるルアー

●エコギアストレート
この二つは、「冬のシーバス」で書いたので省略。

バチ抜けで自分的に一番実績のあるルアー。
引き波をすごくいい感じにだしてくれるバチ抜け最強のハードルアーです。 ほんとにゆっくり引き波を出して扱うときの釣果がすごいので、風がなく、水面が波立っていないときの隅田川で力を発揮します。 2月下旬~5月くらいまではかなり長い期間釣果を出してくれます。


通念通して使う道のある必携アイテムです。
特にこのハッピーレモンはよく釣れた。
チャートカラーを疑っていたけど、それをひっくり返してくれたルアーです。
在庫があるのを見かけたら買っておくべしです!ネットだとAmazonでは売ってなくて楽天では売ってます!


水面直下を引いてこれるこれまたいいルアー。
クルクルバチで苦しんでいたときに、こいつのおかげでやる気を取り戻せた。
ゆっくり巻くと、水面にモワッと波を出せる。


フラグマと同じタイミングで手にしたルアー。
フラグマよりちょっと下を引けるイメージ。
アクションは、フラグマよりしっかり出すかな。
他の季節でも使えるオールマイティルアー。


流れのあるところでいい感じに左右に蛇行するんですよね。蛇のように。
流れにまかせて使うのですが、ちょっと扱いが難しい・・・

●はぶらしルアー

こいつは絶対活躍する。間違いない・・・笑
すでにこのルアーでしかバイトがでないことが何回かありました。
針の位置とかがよくなくてフッキングはできてないんですが、、、

と、ざっとこんなところでしょうか。
バチ抜け用でなく、オールシーズン使ってるようなルアーも多いですね・・・。
いつでもシーバスは浮いてくるってことですかね。

他にも・・・

知っておいたり見ておいて損がないものをまとめています。

バチ抜け系の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。