釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

波照間島で釣りとシュノーケルとゆんたくと

最南端の碑

7月中旬に沖縄に行ってきました♪
西表島に2泊宿泊してからの波照間島です。
⇒以前の波照間島旅行
やっぱり波照間のニシ浜は最強にキレイ。ほんとに最強。
阿嘉島もだけどウミガメと泳げてとても幸せでした。
⇒以前の阿嘉島旅行

波照間島の「まんや」さんはとってもいい民宿。
次行くときも絶対ここだな~!
テレビCMでもよくやってるけど、ホテル料金を比較するならトリバゴ、やっぱ比べやすい。で、口コミみるのはトリップアドバイザー。
ちょっと西表で残念な思いでができてしまったので。。。
⇒アクティビティが豊富な西表島でジギング釣りとサガリバナカヌー体験!



波照間島を1周する(ニシ浜~コート盛り~ブドゥマリ浜~最南端の碑)

波照間の地図

波照間島は小さな島なので、原付をレンタルして1時間もあれば1周できちゃいます。到着したらとりあえず原付借りて、観光地周って、あとはニシ浜で過ごすっていうのがいつもの定番です。

まずはニシ浜。
ニシ浜

ほんとにきれいな浜です。ニシ浜に至る直前に「クマノミ」っていうマリンスポーツ系の道具をレンタルしてくれるところがあるので、そこで必要なものレンタルするのが一番お手軽です。シュノーケルすると、60cmくらいの魚がバンバン泳いでるし、ウミガメも海藻食べてたりします笑


集落からニシ浜へいく途中の道です。
海から集落まではずっと坂道です。移動手段で自転車をレンタルする場合は電動自転車を強くお勧めします!

コート盛
続いて「コート盛り」。
昔の見張り台だったこともあって、北側の海を見渡せます。
特になんにもないけれど、とりあえずいっておく感じです。

ブドゥマリ浜
こちらはブドゥマリ浜。
集落からちょっと遠いので、泳いだりしてる人はいないですね。砂浜というより、岩場ということもあってやっぱり泳ぐならニシ浜がいいと思います。

波照間の碑
波照間といえば日本最南端。
元気があったら最南端の碑の南側のがけっぷちまで足を運んでみてください。
ニシ浜よりきれいなハテルマブルーを見ることができます。
この海はほんとうに感動する
最南端の碑

波照間港でお魚釣り

波照間港
西表島に続いて波照間でも漁港フィッシングしてました。

波照間港
仕掛けもこの通り、エビと針とガン玉のみ。ちょーかんたんにトロピカルな魚たちが釣れるんですよね。
エビとガン玉仕掛け

そして今回はこのモンガラカワハギを2年越しに釣りあげることができました!
モンガラカワハギ
阿嘉島いったときに釣りあげるにはいたらなかったんだけどようやくリベンジできた。
その他のお魚たちもこんな感じでトロピカル。


でも西表よりもこっちの魚の方がなかなか釣れなかった・・・。ハギ系の魚はアタリが難しいし、針まで吸い込んでくれないんですよね。。。

波照間島でおみやげ買うなら「泡波」

升升半升(泡波)
波照間島にある酒造所が出している琉球泡盛の「泡波」。
石垣空港とかでも買えるけど、波照間島で買うよりも値段がミニボトルだと2倍くらい、2合瓶だと4倍します。
数量限定ということもあり、行けるのであれば朝イチを狙って販売所に行くのがおススメです。

そして「泡波」本当においしい。どんだけ飲んでも酔わないんだよなぁ。
写真は「升升半升(ますますはんじょう)」という縁起物。
ちょっと持って帰るにはでかい。。。。笑

⇒他の沖縄の旅はこちら