釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

AMPページにAdSense広告を表示する最も楽ちんな方法

AMPページでもAdsense広告を表示する方法

プラグインでAMP化してもAdSense広告表示ができた!

の記事で、Wordpressの「AMP」というプラグインを利用して、投稿ページをAMP化したあと、そのプラグインを編集してAdSense広告を表示する方法をご紹介しました。
しかし、最近AdSense収入が減っているなと思ったら、Google AdSenseのAMP広告の仕様が変わった模様!
あれこれ調べてみると、「プラグインを編集」なんて面倒なことをしなくてもAMPページに広告を表示する方法を見つけたのでメモしておきます。







まじめにAMPページに広告を表示するには

これまで、AMPページに広告を表示したいときは、
プラグインでAMP化してもAdSense広告表示ができた!
で書いた通りで、headとbodyタグにそれぞれ固定の一行を加えれば実装できました。
しかし、いつの間にか、以下のように広告ユニットごとにスニペットを貼る仕様に変更されていました。
AMPスニペット
「広告ユニットごと」っていうのはかなりつらい・・・
通常ページに普通のスニペットを貼りながら、AMPページの時には違うスニペットを表示するように出しわけするのはちょっとめんどくさいです。
ということで、楽にAMPページで広告表示する方法を調べて、うまくいったのが「Site Kit」というプラグインを使う方法です。




Site Kit by Googleというプラグイン

SiteKitインストール
この「Site Kit」というプラグイン、GoogleがWordPress向けに提供しているもので、AdSenseだけでなく、Google アナリティクス、Google Search Consoleや、サイトの速度診断などが行えるPageSpeed Insightsからの情報を、WordPressの管理画面上に表示してくれるというサイト運営者にはとても役立つプラグインでした。
早くいれとけばよかった。。。。

Site Kitのインストールと設定

以下の手順でインストールしていきます。

  1. WordPressの管理画面の「プラグイン」から「Site Kit」で検索してインストール
  2. 「Start Setup」でAdSenseを利用しているGoogleアカウントにログインして、WordPressとGoogleアカウントを紐づける
  3. WordPress管理画面の「AdSense」の項目をクリックしてセットアップ

②は下記のような画面になるので、「AdSenseを利用しているアカウント」でログインして設定を完了してください。
sitekit

ここまでで、GoogleアカウントとWordPressアカウントが紐づきます。
次に、AdSense情報と、WordPressアカウントを紐づけるために、③で「AdSense」の項目のセットアップを行います。
SiteKit=adsense
この設定を行うことで、非AMPページに設定したAdSense広告を、AMPページが表示された際に、AMP用のコードに自動で置き換えてくれます。
すばらしい・・・。
この方が、「AMP」のプラグインをアップデートするたびにソースに手を加える必要もなくなって運用しやすくなります。
AMPを使わなくとも、Search ConsoleやGoogleアナリティクスなどの情報も見えるので「Site Kit」使うメリットはありそうですね。
ただし、この方法でもリンク広告はAMPページに表示することはできません。
ご参考になれば幸いです。