釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

12月の東京湾タチウオジギング!ちゃんとベイトリール買っておけばよかった。

太田屋から出船

12月だけど11月並みに暖かい日。
大潮で割と凪な日。
金沢八景の近くから出船する太田屋さんに乗せてもらって、タチウオジギングにいってきました!
久々の乗合船だけど、やっぱりしっかり釣らせてもらえるので楽しいですね♪
釣れ過ぎた分の魚を引き取ってくれたのも嬉しかった!1日船で9,500円なので、かなりお手頃に遊ばせてもらえました!

本牧沖の釣果

開始20分のタチウオ釣果
7:15に出船。
7:30過ぎには本牧沖に到着して、開始すぐの釣果です。
久々の船での釣果で楽しすぎです笑
ヒットジグはマリアのメタルフリッカー 100g ピンク でした。
しかし残念ながらしばらくして根掛かりしてロスト・・・。
タチウオの時って、バーブレスなのでベールを上げて一回フリーにすると回収しやすいです。
このあとも根掛かりしたのですが、その時はこれで回収できました・・・。残念。
で、この後もあたりはあるのですが散々ラインブレイクさせられ、お気に入りのジグをかなりロストしてしまいまいました。
で、思ったのですが、船でスピニングリールで釣りをしているのは僕だけ。
この日はワンピッチでシャクってくるよりもゆっくりただ巻く方が釣れる模様。やっていることはそんなに変わらないのに一緒に釣りに行った仲間と僕とはまったく当たりの数が違います。
この日の釣りが終わってから気付いたのですが、最も大きな違いはベイトリールを使っていること。
ベイトリールはスピニングと違ってギヤ比の影響がなく、巻きスピードが手の動きと直接連動するのでコントロールしやすいってのがかなり釣果に影響したようです。
この日一番釣れてた人はベイトリールに巻きスピードも表示されるようなリールを使っていたようで、一番ヒットの多い時間帯は入れ食い状態になっていました。数値化してちゃんとそれに従うって大事なんだなぁと思います。
タチウオの釣果は6匹
最終的に釣果は6匹でした。他の釣り仲間は2ケタ超えてたので、初めて本気でベイトリールがうらやましいなぁと思った次第。
あと、外道で別の人にシーバスガ釣れてましたよ。
この時期のシーバスは脂がのってとてもおいしいんだとか。

タチウオの歯形

共食いのタチウオ
釣れたタチウオの1匹。
がっつりタチウオの歯形が付いてる・・・。ジグが落とされている海中は一体何が起きてるんだろう笑
共食いとかするのかな?

タチウオジギングの針は金属にしよう。。。

食いちぎられたインチクジグ
家でジグを洗っているときに気が付きました。
このインチクジグもバイトがあったのですが乗りませんでした。針切られたんですね・・・
タチウオの歯が鋭いことを完全に忘れてました。3本針のトリプルフックを付けることもこういう理由があるのかもですね。
インチクってタチウオ向きなジグだと思って今回チョイスしたのですが、使うには少し工夫が必要そうです。

タチウオのヒットジグ

このメタルフリッカーはほんとうに優秀。コスパ抜群で扱いやすくて釣れる!

タチウオやるときは、針に工夫が必要です・・・笑

この日はピンク色のジグにヒットが多かったです。ライン切られちゃうこと多いので、ジグパラみたいに安くて安定感のあるジグは重宝しますね。

たぶんタチウオジギングで一番大事な装備。
この針初めて使いましたが、ちょっと高いもののラインが針に絡んだり、ジグを噛んだりすることもなく使いやすくていい針です。
リーダーと針とジグの結線について勉強になる構造になっているので、一度買ってみて参考にするのがいいと思います。