釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

ショアで使えるジグ、オフショアで実績のあるジグまとめ


相模湾、東京湾でのオフショアジギング船で釣果のよかったジグだったり、
千葉のショアジギングで釣果のあったジグについてのまとめ。

なんとなく実績あるものに頼りがちですが、いろんなジグでいろいろ試してみたいなぁ。
ジギング釣果についてはジギングブログでまとめてます。







ショア(陸っぱり)で実績があるジグ

キャスティング用ジグなので、大体20g~40gを使ってます。
アジとかならもっと軽いやつですが、基本青物狙いなので・・・

ジグパラ

メジャークラフトのジグパラシリーズは、600円代から購入できる財布にも優しくてちゃんと釣れる優秀なジグたちです。


これはタングステンタイプですが、小さいサイズで飛距離を稼ぐ必要がなければ普通のもので十分です。キャストしてすぐに巻いてくる、キャストしてトゥイッチしながら巻いてくる、キャストして底とったあとにしゃくってくる、どんな釣り方にも対応してくれる万能ジグです。
ショアからカツオが狙える館山の自衛隊堤防!


上のモデルで釣果が上がらないとき、フォールでしっかりジグを見せるためにこのタイプにルアーを変えます。
ジグに関しては色はブルーピンクが一番万能だと思ってたりしますが、日があまり差さないような日はにゴールド、ピンクを使ったりしています。
にごりが強い日は、緑系も使いますね。

サムライジグ


ジグパラとともに、お手頃価格で釣果を出せるジグです。
こいつでカマスも釣れたりしたことがありました。
館山自衛隊堤防、築港堤防-ジギングサビキでカマス爆釣しました!

ただ巻きで釣れるジグ


3gからあるマキッパですが、軽いものはアジ狙いにも使えます。
とりあえず投げてみるパイロットジグとしてもおすすめですし、ただ巻くだけなので、初心者の方が同行したりするときはとりあえずこれを渡して「投げたら巻いてみて」と言っておけば楽しめるいいジグです。

飛距離重視のジグ

ショア(陸っぱり)でジギングするときは、飛距離が命です。
ナブラが起きているのを見つけても、そこにジグが届かなかったら絶対釣れないですもんね。
そして、ナブラが起きてる状況なら、ジグが届きさえすればほぼ確実に釣れる。。。
ナブラがなくても、どこに魚がいるのか探すのに、やはり広く探りたいので飛距離が欲しくなります。なので、飛距離が出せるジグは必ず持っていきます。


使い方はこちらを見ていただくのがいいです。
※僕も何回も見ました。


使い方はフォルテンと同じです。フォールの仕方がこちらの方がいいアクションになってる気がしていて、これもいいジグです。



オフショア(船釣り)で実績があるジグ

オフショアでジギングするときはだいたい80~200gを基本にしています。
もちろん水深やターゲットによって重さは変わってきますが、

  • ~30m:80g~150g
  • ~50m:120g~150g
  • 50m~:150g~

ぐらいの感じで使い分けてます。
200gを100m以上したから巻き上げてくるのは結構な筋トレです・・・

センターバランスジグ

最近スロージギングっていう言葉もよく聞くようになりましたが、やっぱりジグで一番バイトが生まれるのはフォールだと思います。
センターバランスジグはフォール時のアピールが強く、オフショアでのパイロットジグとしていつも最初に付けてます。


一番釣果実績のあるジグです。
値段も手ごろで、何よりとても扱いやすくて気に入ってます。
早くシャクってもよし、スローでシャクってもよしでオールマイティなパイロットジグとして使っています。


スロージギング用としてゆっくり見せたいときに使ってます。ゆっくりシャクってもフォールでアピールできるし、連続でシャクってもちゃんと釣果を出してくれる手堅いジグ。
ジギングサビキとかやるときにつけるジグはいつもこのタイプのジグにしてます。
そんな中でこのジグパラは特に安定したフォールをしてアピールが強くかつ安いので愛用してます。
このほか、バーチカルロング/ショートと一通りジグパラのジグは使ってます。安くて釣果出るのはいいですよね。

インチクジグ


相模湾、東京湾はフォールのアピールで釣れることが多いです。
インチクジグというジグを知り、フォールにとても強いんではないかと思ったのが使うきっかけでした。
案の定いい威力を発揮してくれます。
ただ、シャクっているとラインを結ぶところにフックが引っ掛かりやすいのが欠点ですが、慣れれば使いこなせてきます。
名前のごとく、ボトムに落として使うことが多いのですが、着底寸前に、勢いを緩められるようにするとよりよいです。(フォール中に魚が寄ってきて、着底すると魚は去って行ってしまう・・)
このジグでホウボウが爆釣しました。
江の島付近でホウボウが爆釣!@湘南サニーサイドマリーナ

リアバランスジグ

ショアジギングでは飛距離を得るためにリアバランスのジグを選ぶことが多いですが、ショアジギングでもリアバランスがいい時がありました。
リアバランスジグはフォールのスピードがセンターバランスジグと比べて早く、巻くとウォブリング(ジグ本体がぶるぶると震えるような動き)してくれるので、シャクるよりも巻いて使うことが自分は多いです。


伊勢湾でブリ、イナダ、ワラサが爆釣したカリボソジグ。
シャクるというよりは、着底してから高速巻きして使いました。
着底後、5,6巻きをこれでもかっていうくらいのスピードで巻いて止めると、
ゴンっ!
とアタリがきてイナダがめっちゃ釣れました笑

まとめ

ショアとオフショアで実績のあるジグをまとめて見ましたが、これ、一部です。
他にも釣れたジグはあるのですが、使いこなしきれていない感もあって書いていないです。これからもリピーとして買い続けようと思ったジグを追記していこうと思います。

ジギングの釣果ブログはこちら