釣りとキャンプとコーヒーが好きなサラリーマンの趣味サイト。釣り場やキャンプ場とかの見てきたことや、Webの仕事で困ったことを記録していきます。

PICA富士吉田のストーブ付きコテージはめっちゃ快適!

夜の薪ストーブ

ふるさと納税の返礼品にPICA富士吉田のコテージがあったらしく、親戚夫婦とともに8月の終わりにいってきました。
普通にコテージに宿泊すると1泊28,500円なので相当得した気分♪
ちなみに「ふるなび」にPICA富士吉田の返礼品はあったそうな。


薪ストーブ付きのコテージに宿泊したのですが、ぜひ秋、冬にまた来たいって感じです。
きっと寒い中、薪ストーブ眺めながら過ごすのは楽しいんだろうなぁ。

さすがに値段だけあって、僕が行ったことある山梨のキャンプ場でも設備も過ごしやすさもピカイチでした・・・

コテージの設備

今回は「薪ストーブ・キッチン付きコテージ」という車が横付けできる宿泊棟を使いました。
薪ストーブ付きコテージ
その名の通り、コテージのデッキににキッチン(流し台)がついてます。
しかもキッチンからお湯が出ることに妻たちは大喜びでした。
たしかに、お湯が出るとかなり便利ですもんね。
特に冬にキャンプ場の水で食器洗いするのはかなり手が痛い・・・

そして、メインの薪ストーブはこちら。
PICA富士吉田の薪ストーブ
夜になるとこうなります。
夜の薪ストーブ
やっぱ薪ストーブいいなぁ。
この火を囲んでお酒片手に話し込むもよし。
あったかいコーヒー片手にときどき星空を眺めるもよし
とにかくステキなな癒しアイテムです!

そして屋内はこちら。
コテージの中
左に見えるのがマットと毛布。
右上に見えるのが冷暖房。
もちろんスマホの充電も可能です。

ということで、ほぼ文句なしのコテージでした。
1つだけ次は気をつけようと思ったのは、コテージに置いてあるBBQコンロ!
大きさはちょうどよかったんだけど、網は受付でちょうといいサイズをレンタルしないといけなかったのと、網と炭の距離が遠いのでちょっと焼きにくい・・・
でも総合的にとても過ごしやすいコテージでした。
さらに詳細はPICA富士吉田のWebサイトにて。こちら。

PICA富士吉田の共用設備

さすがに共用設備も充実してます。ファミリーキャンプや、キャンプに不慣れな友達と泊まるのにもってこいなキャンプ場でした。

トイレとお風呂

トイレとお風呂
受付前にあるトイレ。清掃も行き届いてとてもキレイです。ここ以外にもキャンプ場内にトイレがありますが、いずれもキレイでしたよ。
また、ここの2階が浴場になってます。
22:00まで利用可能なので、ファミリーで来ている人が多いので、混み合う時間帯は避けて使うとゆっくりできていいと思います。
自分のときはなかなか大変な時間に行ってしまって・・・笑
シャンプーなどのお風呂アメニティはないので、持参必須です!

炊事場

キャンプサイト側にいくつか炊事場があります。
テントサイト水場
他にも。
テントサイトお湯出る水場
ここでもお湯が使えるのがすごいなぁと感心します。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場
ゴミ類はすべてここで捨てられます。
カセットコンロも捨てさせてくれるのがありがたい。

洗濯機

ランドリー
キャンプ場であまり見かけないですが、さすがPICA富士吉田。ランドリーも充実してました。

受付など

PICA富士吉田受付
チェックイン:14:00~19:00
チェックアウト:7:00~11:00
です。
PICA富士吉田売店
レンタル品も充実してるし、売店で売っているアイテムもちょっと買いたくなってしまうような小物があったりします。
薪
薪ストーブ用の薪もここで買いました。薪の性質が書いてあるのがありがたい。

  • ナラ薪:着火はしにくいが、安定した火力と持続力がある。長時間の焚火や調理向け
  • さくら薪:比較的火付きがいい。焚火するときのにおいが少ない。

らしい。

PICA富士吉田のまとめ

山梨県では他にもいいキャンプ場がたくさんあるのですが、PICA富士吉田はキャンプ初心者やグランピングにはとてもいいところだと思います。
食べ物以外は手ぶらで行ってぜんぜんOK。設備もキレイでとても快適に過ごせました。普通に利用しようとすると高いので、ふるさと納税ってすごいんだなと思いました。

今回のキャンプコーヒー

コーヒー
豆:ガレージコーヒーカンパニーのブラジル(フレンチロースト)
キャンプ場で入れるとやっぱりおいしいんだけど、家で入れているほど安定しておいしく淹れられない・・・。
修行あるのみ。

山梨の他のキャンプ場

湖山荘キャンプ場
-テントサイトも充実してて、きれいに富士山を眺めることができておすすめです。
紅葉台キャンプ場
テントサイトは少ないですが、こちらも西湖のほとりのキレイなとこです。